55歳 階段の上り下りや長時間歩いた時

若いころは気にならなかったですが、年齢が高くなるにつれて気になってきた悩みに膝関節の痛みがあります。

 

長い距離をあるいたり、階段の上り下りをした時に違和感を感じるようになり外出することがおっくうになってきました。

 

高齢になって膝関節が痛くなる主な原因のひとつは変形性膝関節症があります。

 

膝関節には骨と骨のあいだに軟骨がありますが、その軟骨が加齢によりすり減って骨と骨がぶつかり合うため痛みが出てしまいます。

 

この膝の痛みを改善するには生活習慣の改善が必要になります。

 

膝関節には歩く時には体重の2〜3倍の体重がかかっているといわれていますので、まずはダイエットで体重を減らすようにしましょう。

 

また膝関節を支えられるように膝周りの筋肉をきたえるようにしましょう。

 

この場合あまり膝関節に負担のかかるようなスクワットやジョギングなどの運動ではなく、椅子に座ったまま足を床に水平に伸ばし力を入れたり軽いウォーキングなどの運動などにするようにしましょう。

軟骨成分と筋肉成分をしっかり補給

サントリーの「ロコモア」には、年齢を重ねてしまうと減ってしまう軟骨成分と筋肉成分を補ってくれる作用があります。

 

膝と膝の間にある軟骨はコンドロイチン、U型コラーゲン、プロテオグリカンなどが含まれておりますがロコモアにはこれらの成分がたっぷり含まれています。

 

また軟骨をサポートするグさルコサミンも配合されているため膝関節の動きをスムーズにしてくれます。

 

軟骨成分が配合されているサプリメントはたくさんありますが、ロコモアは筋肉成分までサポートしてくれる成分も配合されています。

 

膝の痛みは軟骨だけではなく、筋肉量によっても大きく左右され膝周りの筋肉がしっかりしていれば痛みも軽減されます。

 

ロコモアにはイミダゾールペプチドという筋肉成分も配合されており膝周りの筋肉をしっかりサポートしてくれます。

 

ロコモアは今までに300万本も売れており購入した方から数多くの改善の声が聞かれています。

 

膝関節の痛みの改善にはロコモアと軽い運動や生活習慣の改善などを取り入れればよくなると思います。